本文へスキップ

公的断食施設 五色県民健康村健康道場

電話でお問い合わせはTEL.0799-33-0535

野菜中心の低カロリー食事療法コース


がん・脳卒中・心筋梗塞予防のための低カロリー療法



平成22年を見ると、死亡された方は約120万人です。その原因は、がんが約35万人、心疾患が約19万人、脳卒中が約12万人です。

  つまり、日本人の3.4人に1人はがんで死亡し、6.3人に1人は心疾患で、10人に1人は脳卒中で死亡しています。

  その多くは、心身両面の生活習慣の改善で予防が可能であったはずです。なんとしても、積極的に予防したいものです。

  そのために、五色県民健康村健康道場では、野菜中心の低カロリー食事療法コース(がん・脳卒中・心筋梗塞予防のための低カロリー療法)を行い、成果をあげています。

  対象は、75歳までの方や、体力がないためにファースティング(医学的絶食療法)ができないが、積極的に、がん・脳卒中・心筋梗塞を予防したいという方です。

 内容は、野菜中心の超減塩食です。また、当施設は、禁酒・禁煙ですので、このコースは、積極的ながん予防食であると共に、脳卒中予防食であり、心筋梗塞予防食です。  

  1日の摂取カロリーは、約1000キロカロリー、食塩は7グラム以下です。


  調味料はできるかぎり使用せず、食材の持つ素材の美味しさを味わっていただけるようにしていますので、意外なほど、美味しく、味わい深い食事療法になっています。

  さらに、丹田呼吸法や講義(心身相関、性格分析、生かされてる医学的事実の理解)を、自由参加で行っており、栄養面の改善に加えて、心の面からの効果も高める「心身両面療法」です。

  この心身両面療法により、自分の内にある生命力と充実感を高めます。

  このコースは、1日に1400円追加料金が必要になりますが、その他のことは、ファースティング(医学的絶食療法)を受けられる場合と同じです。

  入所日数については、このコースの場合は、2週間か、11日間が最も適当と考えています。







店舗写真

information情報

公的断食施設
五色県民健康村健康道場

〒656-1331
兵庫県洲本市五色町都志大日707
TEL.0799-33-0535
FAX.0799-33-0013
Eメール dojo@fyu.jp