本文へスキップ

公的断食施設 五色県民健康村健康道場

電話でお問い合わせはTEL.0799-33-0535

健康道場&淡路島の1月〜12月

   
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月




淡路島のお土産
イカナゴのくぎ煮・しらす・のり・わかめ・たまねぎ(たまねぎドレッシング・たまねぎせんべい・その他)
びわ(びわゼリー・びわケーキ・その他)・たこ(たこせんべい・その他)・高田屋嘉平餅・などなど





1月
[健康道場]


・健康道場玄関前の庭には、葉牡丹が並びます。 寒さに強いパンジーたちも、色とりどりに広がります。
年末頃から、正月に間に合うようにと、事務所の職員が心を込めて植えさせていただいてます。
なので、花が少ない時期ではありながら、玄関前はいつもお花たちで賑やかですよ。

 

・この時期、健康道場内では、スイセンの花があちらこちらに生けられ、どこからともなく香りがしてきます。
このスイセン、どこのものかというと、道場長所有のキャンプ場からいただいてくるものなのです。

[淡路島]
 

・12月下旬〜2月下旬、水仙峡はスイセンで花盛りです。(黒岩と立川)(南あわじ方面・車が必要)
・11月〜2月、収穫後2〜3ヶ月貯蔵され、甘みが増した、なると金時の買い時は続きます。








2月


[健康道場]
  

・健康道場を大きく長く囲うように広がる、白色と濃いピンク色のサザンカの生垣。寒さの中でも、元気に大きく花開いています。

  

・またこの時期1月〜2月にかけては、1年に1度か2度しか見られない、雪景色を見ることが出来る時もあります。
白く雪化粧された道場周辺の風景は、とっても幻想的で、不思議な感覚になります。
雪解けの後、なんだか1度に2度おいしい、得した気分になったりとか・・・。

[淡路島]
 

・11月中旬〜2月下旬、ストツクの花畑になっています。(花さじき)(岩屋方面・車が必要)
・11月〜2月、収穫後2〜3ヶ月貯蔵され、甘みが増した、なると金時の買い時は続きます。
・淡路島は、わかめ(天然・養殖わかめ)の生産地でもあります。
2月中旬〜4月中旬、養殖生わかめの天日干しが最盛期を迎えますよ。






3月

[健康道場]
    

冬から春へ移り変わる、生命の力強さを感じる新緑の季節。3月中旬頃から、健康道場玄関横では、沈丁花の花が咲き始め、ほんのり香りがしてきます。五色バスセンターから道場までの道のりには、黄色い菜の花畑が現れます。

[淡路島]
  

・3月上旬〜4月中旬、やはり菜の花畑がが満開になります。(花さじき)(岩屋方面・車が必要)
・2月中旬〜4月中旬、淡路島では養殖生わかめの天日干しの最盛期が続きます。
・3月(2月下旬から)、淡路島ではイカナゴ漁が盛んになります。 新鮮なイカナゴのくぎ煮をゲットできるのは、この時期ですよ。
・3月1日は、鳴門の天然わかめの収穫が解禁になる日ですよ。







4月

[健康道場]

  

3月下旬〜4月上旬、健康道場の裏山の桜の花が満開になります。気候もよく、前庭や公園のベンチで、ゆっくりするには絶好の時期ですよ。(右上写真、中央の奥に見える、レンガ色の屋根の建物が健康道場です。)

[淡路島]

・3月下旬〜4月下旬、ムラサキハナナが咲きます。(花さじき)(岩屋方面・車が必要)
・2月中旬〜4月中旬、淡路島では養殖生わかめの天日干しの最盛期が続きます。
   






5月

[健康道場]

健康道場の前庭には、さつきの花が咲き始めます。この時期、芝生も伸び始め、草花がどんどん勢いよく成長していく様子が見られます。
     

[淡路島]
 

・4月中旬〜5月中旬、ポピーの花でいっぱいです。(花さじき)(岩屋方面・車が必要)・5月〜6月は、新たまねぎの収穫時期です。 淡路はたまねぎの産地で、この時期は、甘〜い新たまねぎがゲットできますよ。







6月

[健康道場]
  

・健康道場の食堂から見る景色(左上写真)。 新緑から随分と深緑に変化していきます。
・この時期、濃いピンク色のつつじの花が、玄関周りを飾ってくれます。 とっても賑やかです。
・健康道場西側には、遠く山が広がり、夕日は山の向こうへ、日々姿を変えて沈んでいきます。(右上写真)

  

・本数は少ないですが、あじさいも、この時期しっかり咲いています。 普段は見過ごしてしまいそうな草花。 道場でのんびり過ごしていると、ふと目につくことも・・・。 そして、雨露に濡れたあじさいを見ていると、しっとりした気持ちになったりもします。

[淡路島]
 

・6月上旬〜7月、三尺バーベナが咲きます。(花さじき)(岩屋方面・車が必要)
・6月〜9月(夏期)、淡路島ではハモとタコの漁が盛んになります。 この時期、旬のハモ、タコ、タマネギを使った料理を食べさせてくれる料理店もあるようですよ。







7月

[健康道場]
     

・この時期、健康道場勝手口の横で育てている野菜たちが、どんどん大きく実をならせてきます。 この野菜たち、事務所の職員が大切に苗から育てているものです。 入所者のみなさんにも楽しんでいただけたら・・・と。
    

・健康道場2F渡り廊下では、朝顔と夕顔が代わる代わる咲き始めます。 このお花たち、指導室の職員が種を取り置いて、毎年種から育てているものです。
やっぱり、みなさんに喜んでいただけたら・・・と。

[淡路島]
 

・7月上旬〜8月中旬、クレオメの花が咲いています。(花さじき)(岩屋方面・車が必要)
・6月〜9月(夏期)、淡路島でのハモとタコの漁は続きます。







8月

[健康道場]
    

・毎年お盆には、健康道場近くの都志港で、高田屋嘉平まつり花火大会が行われます。 その時は、花火が見られる道場内のトレーニング室が開放され、入所者の方にも楽しんでいただけます。(20:30〜21:00)・健康道場2F渡り廊下では、観賞用に指導室の職員が、種から育てているゴーヤの実が大きく育ってきます。

[淡路島]
  

・7月下旬〜8月中旬、ヒマワリが一面に咲いてます。(花さじき)(岩屋方面・車が必要)
・6月〜9月(夏期)、淡路島でのハモとタコの漁は続きます。
・8月〜11月、お隣さん徳島の物産である、なると金時の収穫になります。 ただ、甘みが増し、一番美味しくなるのが、収穫してから2〜3ヶ月後だそうです。
なので、収穫後2〜3ヶ月貯蔵管理された後の11月〜2月に買うのがよいようです。







9月

[健康道場]
   

9月中旬くらいになってくると、バス停から健康道場までの田んぼ道、あちらこちらに紅い彼岸花が咲き始めます。長期入所されてる方の場合、道場から久々にワゴン車で出かけたその時に、ふと、季節の移ろいを感じたりすることも。

[淡路島]

・7月上旬〜9月上旬、ブルーサルビアの花が咲いてます。
・7月上旬〜9月下旬、ソバの花も咲いています。(花さじき)(岩屋方面・車が必要)
・6月〜9月(夏期)、淡路島でのハモとタコの漁は続きます。
 







10月

[健康道場]
 

10月になると、健康道場から下に降りた大通りの道路際にも、コスモスの花が植えられています。この時期、車で来られても、バスで来られても、コスモスを脇に見ながらのドライブで、とても心地よいですよ。

[淡路島]


8月中旬〜11月上旬、サルビアの花が咲いています。10月上旬〜11月上旬、コスモス畑が広がります。(花さじき)(岩屋方面・車が必要)








11月

[健康道場]

 

  

健康道場の客室から見た裏庭です。 上の写真と下の写真、10日違いでこの違いです!!(上の写真・・・11月中旬→下の写真・・・11月下旬)この時期は、日に日に紅葉していく様子を、タイムリーに見ることが出来ます。

[淡路島]


・11月中旬〜2月下旬、ストツクの花畑になっています。(花さじき)(岩屋方面・車が必要)
・11月〜2月、収穫後2〜3ヶ月貯蔵され、甘みが増した、なると金時の買い時になります。






12月

[健康道場]

  

・自然生えのお花が少なくなる12月、健康道場玄関前では、事務所の職員が、せっせっと移植しています。 ビオラやシクラメン・・・・・、お花が絶えないように・・・。
・12月に入ると、健康道場内のロビー付近には、クリスマスツリーが登場し、心はなんだかワクワクと。
(現在、実際のクリスマスツリーの写真がなくて、ごめんなさい)

[淡路島]


・11月中旬〜2月下旬、ストツクの花畑になっています。(花さじき)(岩屋方面・車が必要)
・11月〜2月、収穫後2〜3ヶ月貯蔵され、甘みが増した、なると金時の買い時は続きます。



店舗写真

information情報

公的断食施設
五色県民健康村健康道場

〒656-1331
兵庫県洲本市五色町都志大日707
TEL.0799-33-0535
FAX.0799-33-0013
Eメール dojo@fyu.jp