ミニ・ファースティング(半日断食)の方法

1食を抜く場合 休日の朝食の代わりに
牛乳1本
薄いお茶か水700cc
2食を抜く場合 休日の朝食の代わりに
牛乳1本と
薄いお茶か水700cc
昼食の代わりに
牛乳1本
薄いお茶か水700cc


  牛乳は低脂肪のもののほうが良いですが、なければ普通の牛乳を使ってください。体力のない方や60歳以上の方は、10時と3時に、お豆腐や果物を追加してください。牛乳が嫌いな人は、豆乳でもフルーツジュースにしてください。

  お茶か水は、一度に飲むのではなく、何回かに分けて飲んでください。

  ミニ・ファースティングは、1食か2食絶食するだけですから、安易に考えられると思いますが、けっしてあなどらないでください。以下にファースティング中に起こる身体の変化とミニ・ファースティングの注意点を説明します。

  たかが1、2食のミニ・ファースティングをするのに、そこまで詳しく知らなくてもと思われる方もおられるでしょう。しかし、自動車の運転と同じです。車の構造、交通規則、それらを理解して運転するのと、自分の経験だけで運転するのとは、安全性も違いますが、気持ちの落ち着きも違います。

  ファースティング中に起こる身体の中の変化をよく理解されると、ミニ・ファースティングをしているとき、今身体の中で何が起こっているのかが分かります。

  安全という面で良いのは勿論ですが、身体の変化を感じられ、何となく感動します。生きている実感を感じやすくなります。ミニ・ファースティングは期間が短いだけに、このように意識的にすることが大切だと考えています。