本文へスキップ

公的断食施設 五色県民健康村健康道場

電話でお問い合わせはTEL.0799-33-0535

Pさん 猛烈タイプで、前進できないことがストレス


43才の男性。フランス料理店の料理長。多くの部下のリーダー。
身長166cmで、体重73.2Kg、肥満度21%です。

ファースティング前 復食後
体重 73.2 68.8 kg
血圧 173/106 122/95 mmHg
総コレステロール 293 244 mg/dl
γ-GTP 71 36 mU/ml
タバコ 30 0
お酒 多量 0
爽やか指数 63 80 100点中
不快指数 40 8 100点中


 異常のあった検査項目と値は、表のファースティング前の値です。

 肥満があり、かなり強い高血圧と高脂血症があり、軽度ですがアルコール性肝障害もあります。タバコは1日に30本で、アルコールは1日にビール1本とウ イスキーがシングルで3杯、さらにワインがグラスで3杯とかなりの量です。このままいくと、肺がん、脳卒中、心筋梗塞などが待ち受けていそうです。

 ストレスの面では、名門レストランの料理長として腕を振るっている方です。実力があり、あれもやりたい、これもしたいと新しい試みへの意欲が満満のよう です。それだけに、部下が思うように成長してくれないとか、伝統と自分の意欲との摩擦があるようで、本人はストレスは感じないと言われているのですが、お 酒とタバコで発散しているという印象がします。

 最初から「爽やかさん」でしたが、退所時には、爽やか指数が非常に高くなり、不快指数もほとんど無くなり、まさに「爽やかさん」になりました。身体が軽くうきうきとした感じもかなりするようになり、腹がたつことも疲れやすいことも殆どなくなりました。

 自分では疲れていないと思っておられたのでしょうが、ストレスがたまっていたことを物語っています。ファースティング前と退所時の差が、日常生活でのストレスだったと理解できます。

 ファースティングをして復食後は、血圧もγ−GTPも正常化しました。総コレステロールはまだ少し高いですが、素晴らしい生命力であり回復力です。また、禁酒・禁煙も簡単にできました。

 年を取って来て、仕事の規模が大きくなってくると維持管理の部分が増えてきます。しかし、Pさんは現状維持が最も嫌いな人です。自分を十分生きていないという気持ちが強くなり、そのストレスを紛らわすために過食・お酒・タバコが必要となったのでしょう。
店舗写真

information情報

公的断食施設
五色県民健康村健康道場

〒656-1331
兵庫県洲本市五色町都志大日707
TEL.0799-33-0535
FAX.0799-33-0013
Eメール dojo@fyu.jp